コンシダーマルで毛穴ケア、肌のキメも整えていこう!

コンシダーマル,毛穴

 

コンシダーマルでケアを続けていくとだんだん乾燥が目立たなくなってきて、肌の潤いが増していきます。肌成分と同じラメラ構造なので、肌に負担をかけないでしっかりと肌の新陳代謝を助けてくれます。肌状態が整っていれば、当然毛穴などもしまっていきます。

 

もちろん毛穴は、年齢を重ねると毛穴自体もだんだん広がってきますので、加齢によって目立ちやすくなりますし、その上肌の生成が十分ではないと、古い肌が角質としてどんどん落ちていくサイクルが乱れてしまいます。それによって普段引き締まっているはずの毛穴もゆるんでしまいます。

 

若くて新陳代謝が良いはずの肌も、乾燥や栄養不良などで肌あれを起こすと、毛穴が目立ったり、落ちていくべき角質が毛穴につまってしまって毛穴が黒ずむようになってしまいます。まずは余計な皮脂や汚れが毛穴につまらないような肌にすることが先決です。

 

コンシダーマルでしっかりとケアすれば、肌を甘やかすことなく整えてくれます。オールインワンなので、お手入れ自体が楽ですが、あまり化粧品をつけすぎると、逆に栄養過多になったり、不必要な油分なども補給してしまうことになります。そのため肌の自らきれいになる力を奪ってしまうことにもなります。

 

しかし、コンシダーマルなら肌生成に必要な成分を補いつつ、余計なものは残さないので、肌のためにはちょうどいいのです。

 

毛穴がしまってきて毛穴が目立たなくなるコンシダーマル

コンシダーマル,毛穴

 

肌の生成を妨げてしまう加齢や乾燥、皮脂の出過ぎ、外気や紫外線による刺激。それでもきちんと肌が適切にお手入れされ、肌が再生されていればほとんど問題ないツヤ肌が保てます。

 

加齢によって多少新陳代謝が衰えてきたり、毛穴が重力に従って下がってきても、肌の栄養が保持されていれば問題ありません。

 

微妙なバランスを保てていれば肌はそれぞれの年齢でのベストな状態を保つことができます。50代なのに20代の肌を目指すのは無理ですが、50代なら50代なりのよい状態の肌を目指してお手入れしていきましょう。

 

定期的に肌に必要な栄養や水分を入れて、よく休んで夜は早めに就寝しましょう。それだけでもだいぶ肌状態が違ってくるはずです。

 

日焼けなども肌トラブルの原因になり、毛穴が開いていますので、春から夏にかけては日焼け止めをしっかり塗って、肌自体にダメージを与えないように気をつけていきましょう。